2013年7月 7日 (日)

麻綿原・天拝園のあじさい…恐怖の自然

1307071
先日、千葉県鴨川市にある清澄寺から、アジサイで有名な大多喜町の天拝園(妙法生寺境内)まで歩いてきました。


当日は雨に風、そして靄という三重苦の道のりを行くことになったわけですが、途中にはタマゴタケとの素敵な出会いがあり、かなり気分よく歩けました。

1307072
こちらがアジサイ満開の天拝園です。

1307073_2
不思議な看板がありますけど…いったいどういう意味なのでしょう?


天拝園を散策していると地元の人らしき人が声をかけてきました。


「どう? 蛭、大丈夫だった?」


いったい何のことやらわからず、ぽかんとしていると…


「ここらへんは、すごく蛭が多いんだよ! 血、吸われてない?」


はぁ、大丈夫です。みたいな返答をしたものの、何となく不安がよぎります。


「足元はもちろん、ときには上から落ちてくることもあるから、首のあたりも注意しないとだめだよ!」


そんなアドバイスをいただきました。なんでも、木の枝の上にいる蛭が人の気配を察知して落ちてくるというのです。


まっさかぁ〜、そんなことがあるわけないよな…なんて半信半疑の自分。


その方と分かれた後、首に巻いていたタオルをとってみると…


え〜っ、ほんとですかあァ〜!


タオルには赤い血判が数か所あるではないですか。うわぁ〜、本当だったんだ。


心配になって足元を見てみると…


ぐわぁ! 


10匹以上の蛭がズボンの裾の方にくっついています。縮んだときは小豆粒ぐらい、伸びると楊枝ぐらいの長さになります。それが尺取り虫のように足元から太ももの方に向かって這い上がってくるのです。


なかにはうまいことやって、ズボンの裾から潜り込んで足から血を吸っているものがいました。たっぷり血を吸った個体は豆のように丸くなって、意外にもすんなり体から離れますが、食事中のヤツは爪で引っ掻いてそぎ落すしかありません。これがちょっと気分悪いです。無理に引き離した場合は吸い口から血がだらだらと流れ出してなかなか止まりません。


吸われた傷口はチリチリと痒いような痛いような感覚がずっと残ります。


う〜ん、恐るべき自然!

1307073
この看板の意味はそう言うことだったんです。遠回しに言われると何のことやらって感じです。


とても貴重な体験をさせていただきました。


「看板に偽りなし」

(この日は、きのこどころではなくなってしまいました…ョ)


● タマゴタケ/Amanita hemibapha
テングタケ科テングタケ属


(撮影:2013.07.04/千葉県鴨川市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

地味な顔ぶれ、冬のきのこ

1301131
冬はきのこの発生が少ない季節です。傘のあるきのこらしいきのこ、軟らかいきのこはほとんど見られません。


目につくのは、立ち枯れの樹木や放置された朽ち木に固着している硬いきのこばかり。そのほとんどがサルノコシカケ科やウロコタケ科、タバコウロコタケ科、ニクハリタケ科などの菌類です。


本日(1/13)見つけたのはネンドタケ。だいぶ前から発生しているものだと思います。コナラの倒木にびっしり生えています。一部分は完全に乾燥して枯れた花のようになって黒く変色しています。


このきのこは本当によく見かけます。茨城県南部の雑木林では常連中の常連と言えるかもしれません。カワラタケとならんで「どこででも見られるきのこ」かもしれません。さらに、カワラタケと同様に強力な木材腐朽菌だと思います。


1301132
傘の表面は粗い毛が生えていてざらついた印象です。しかも硬い毛が野暮ったさを際立たせています。見かけはあまり上品なきのこではありませんね。


しか〜し、分厚い傘がなんとなく頼もしい。群生していることが多いので、力強ささえ感じます。「お〜、しっかり仕事してますなぁ」と声を掛けたくなるほどです。


1301133
傘の裏は管孔状です。断面を見ると孔の部分が意外と長いのがわかります。これを見るといつも鯨の口を思い出してしまう私です。


さて、他に見かけたきのこも記しておきます。


カワラタケ、チャカイガラタケ、ハナビラニカワタケ、チヂレタケ、ヒメキクラゲ、クロコブタケ、アナタケ、ネンドタケモドキ、チャアナタケモドキ、ニクウスバタケ、ニセニクハリタケなど。

●ネンドタケ/Phellinus gilvus
タバコウロコタケ科キコブタケ属

(撮影:2013.01.13/土浦市)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

スギの切り株から「あけましておめでとう」

1301041
小型のきのこですが色が鮮やかなので目立ちます。群生していることが多いことも目を引く一因ではないでしょうか。


折しも元旦の雑木林で傘のあるきのこに出逢えるとは思ってもいませんでしたが、小さな橙色のきのこが新年の挨拶をしてくれました。


1301042
名前は断定できませんけど、たぶんヒメカバイロタケの老菌ではないかと思っています。


伐採されたスギの切り株などに発生しているのをよく見かけます。どちらかというと、切られたばかりの新鮮なものよりも多少不朽の進んだ切り株のほうが好きなようです。


(撮影:2013.01.01/阿見町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

真冬のきのこ、強靭なきのこ

1301031
元旦に雑木林に出かけたときに見つけたきのこです。落葉から生えているように見えますが、伐採された木の幹から発生しています。


発生からだいぶ時間が経っているものと思われます。見るからにサルノコシカケ科の一種と思われます。


1301032
そう思って傘の裏を見てみると、管孔状ではなく迷路状の溝が走っていました。


裏側の様子を写そうと思って、生えている材から引きはがそうとしましたがびくともしませんでした。こんな強靭なきのこはマツオウジ以来です。


ところで、これは何というきのこなのでしょう?


図鑑とにらめっこをしたらチリメンタケのような気がしましたが、断定できません。


(撮影:2013.01.01/阿見町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月30日 (日)

ほかにもいたよ、寒さに強そうなきのこ

1212301
前回の報告に続いてもう一種、寒さにめげずに生えていたきのこを紹介します。


毎度足を運んでいるきのこ観察フィールドの雑木林は、行政が管理している公園の一部なので定期的に下草刈りや伐採が行われています。なので、しばらく前に伐採された杉の木が各所に数本ずつ積み重ねられていました。

1212302
そこに生えていたのが、白くて小さなきのこです。伐採された木の断面からは白い泡のように見えるものが出ていて、そこから発生しています。

1212303
たぶん、シックイタケだろうと思います。あちこちにある伐採木から発生していました。見た感じだと発生からそれほど時間は経っていないように思えます。けっこう寒い時季でも元気に育つきのこらしいです。


1212304
また、伐採されたばかりの杉の木から勢いよく発生しているところを見ると、針葉樹の分解をかなり得意としている種類と思われます。


●シックイタケ/Antrodiella gypsea
サルノコシカケ科ニカワオシロイタケ属

(撮影:2012.12.13/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

期待に応える冬のきのこ

茨城県南部でも今年の12月はかなり寒いです。そんな寒い時季にきのこがバンバン生えているわけもなく、ひっそりとした雑木林をただ黙々と歩く羽目になることはわかっていたのですが…


どうにも出かけたくなってしまい、きのこ観察フィールドにしている雑木林に出かけました。


車を降りて歩き始めると、あまりの寒さに後悔しきり。「あ〜、来なけりゃよかった」なんて呟きながら先を進むと、きのこらしきものを発見!


「わぁ〜い、きのこだ!」


1212291


伐採され、打捨てられた木にびっしりと並んでいらっしゃいます。


いつぞやお会いしたことがございますなぁ。な〜んて軽く挨拶を交わしながら撮影してみました。雨の後なので、湿っていて本来の色がわかりません。

1212293


傘の裏をのぞき見てみると、のっぺりとした印象。


こりゃあチャウロコタケのような気がします。


1212292

このきのこ、寒さに負けず発生するきのこのようです。さすがに乾燥した真冬はどうかわかりませんが、かなり寒さには強そうです。


●チャウロコタケ/Stereum ostrea
ウロコタケ科キウロコタケ属

(撮影:2012.12.13/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月18日 (火)

ニッキ臭のするきのこ

1212181
ニッキの匂いというと古いでしょうか? シナモン臭のするきのこです。


そう言われても写真だけじゃ信じられないですよね。でも、確かにシナモンの香りがします。


この匂いは好き嫌いがあるので、いい匂いとは断言できませんが私は好きです。きのこからシナモンの匂いというのは意外性があっておもしろいと思います。


1212182
半背着性のきのこですが、裏はどうなっているのかというと、細かい突起が並んでざらざらとした感触があります。


さて、このきのこはなぜシナモンの香りがするのでしょう。虫をおびき寄せる手段のひとつなのでしょうか。う〜ん、不思議です。


●ニセニクハリタケ/Steccherinum murashkinskyi
ニクハリタケ科ニクハリタケ属


(撮影:2012.11.4/土浦市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

確かに、団扇に見えます

1212171
パタパタと扇いだらいい風が来そうな感じがします。団扇に似ていて、てかてかと艶を帯びているような見映えなのでツヤウチワタケ。なるほど覚えやすいネーミングです。


1212172
サルノコシカケ科(タコウキン科)の仲間なので、傘の裏は孔が目立つはず。ちょっと裏返してみると…すっごく細かい孔がびっしり。


生えているのは桜の枝のような感じです。材との接合部分にも注目です。まるで接着剤でビタッとくっつけたような印象。かなりしっかりと接合していて、ちょっとやそっとでは剥がれそうもありません。

●ツヤウチワタケ/Microporus vernicipes
サルノコシカケ科ツヤウチワタケ属

(撮影:2012.11.4/土浦市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

あ〜か〜い〜 ちしお〜のチシオタケ

1212161
倒木に群生しているチシオタケ。傷をつけると血のような赤い液を出すのでその名がついたのだと思います。


1212162
とてもかわいらしいきのこです。柄は傘の色と同じような色をしています。柄の基部には毛のようなものが見られます。


傘の縁から赤い液が出ているのがわかりますか? ちょっとふれただけでも液を出すデリケートなきのこなんです。


●チシオタケ/Mycena haematopoda
キシメジ科クヌギタケ属

(撮影:2012.11.4/土浦市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

緑青の深い海

1212111
緑青(ろくしょう)といえば銅の錆。錆と呼ばれるとあまりよいイメージがありませんが、緑青の深い色はなんとも心惹かれるものがあります。


きのこにロクショウグサレキンという種があります。たぶん写真のきのこがそうだと思うのですが、とてもきれいな色をしています。地面に転がっている朽ち木に生えていたりすることが多いです。また、朽ち木をひっくり返したりすると地表に面していた部分の窪みなどに密集していることがあります。


1212112
変わった色をしたきのこなので、とにかく印象に残ります。この仲間にはロクショウグサレキンモドキ、ヒメロクショウグサレキン(仮称)などがあるので、いずれの種かを断定するには注意が必要です。なかには色が抜けて白っぽくなっているものもあります。


1212113
自分も厳密にはどれがどれなのかはわかりませんが、写真のきのこはロクショウグサレキンとしました(間違っているかもしれません。悪しからずご容赦下さい)。


●ロクショウグサレキン/Chlorociboria aeruginosa
ズキンタケ科ロクショウグサレキン属

(撮影:2012.12.9/土浦市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ハチノスタケとアミスギタケ