« きのこ見たいな〜 | トップページ | 何と言うきのこでしょう? »

2008年2月20日 (水)

肉厚のきのこ

0802201
今日、職場のNさん、S君と昼休みに散歩をしていて見つけたきのこ。見るからにサルノコシカケ科です。かなり肉厚で堅いきのこでした。時間が経っているのか、そうでないのか、ちょっと判断しかねます。


0802202
図鑑で調べてみたところ、クジラタケが一番近いような気がします。伐採された木の一面に生えていました。S君が「食べられるんですかねぇ?」としきりに聞いてきたので、そのことも気にしながら図鑑を見ましたが、食べられるという表記は見当たりませんでした。かなり堅いきのこですから…。それにしても、なぜ「クジラ」という名がついているのでしょう? とても気になります。

参考文献:山と渓谷社『フィールドブックス きのこ』『カラー名鑑 日本のきのこ』
(2008.2.20/つくば市)

|

« きのこ見たいな〜 | トップページ | 何と言うきのこでしょう? »

コメント

きのこっのっこーのこげんきのこ♪

本当にS君はいろんなところに興味を示しますよね

mushizukiさんのように、何かに没頭できることは、すばらしいことですconfident

きのこでわたしが大好きなのは

オニフスベ!!

いつか、生えている現場に立ち会いたい!この目におさめたい

そして・・・

指でつついてみたい!

あぁ、オニフスベ、オニフスベ

投稿: | 2008年3月 1日 (土) 12時39分

コメントありがとうございます!

オニフスベが好きというのだから、きっとOさんではないかと想像しています。

きのこっていいですよね〜。かわいいですよね〜。あの形からして神秘的! 

ニョキニョキと出てきて傘を開くまで、その一部始終をじっくり観察してみたいものです。

投稿: mushizuki | 2008年3月 1日 (土) 13時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« きのこ見たいな〜 | トップページ | 何と言うきのこでしょう? »