« ガングロきのこ | トップページ | チャワンタケの仲間のようなきのこ »

2008年4月29日 (火)

焼け跡からニョッキリ

0804291
焼けた木から出ているきのこかと思ったら、地面から生えていました。


0804292
昔読んだきのこの本で、焼け跡(山火事などの際)からよく出るきのこのことが書かれていたことを思い出したのですが、肝心の名前が思い出せません。


0804293
傘の表面には粘着性があります。裏のひだはやや密です。残念ながら名前までは突き止められませんでした。


参考文献:山と渓谷社『フィールドブックス きのこ』
(2008.4.22/小美玉市・旧美野里町)

|

« ガングロきのこ | トップページ | チャワンタケの仲間のようなきのこ »

コメント

「ヤケアトツムタケ」っていうキノコが図鑑に出ていた気がします。
なんか色的にはこれと似たようなキノコだった気がします。
(会社から投稿・・・)

投稿: anago | 2008年4月30日 (水) 12時52分

anagoさん、こんばんは。

図鑑で見たらすご〜く似てました。たぶんヤケアトツムタケでピンポ〜ンだと思います。ありがとうございました。

最近ようやくきのこを見るようになりました。しかもアミガサタケばかり…。ほかのきのこも見たいです。

投稿: mushizuki | 2008年4月30日 (水) 18時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガングロきのこ | トップページ | チャワンタケの仲間のようなきのこ »