« 初めてのアミガサタケ | トップページ | たぶん粘菌、きっと粘菌 »

2008年4月14日 (月)

ニガクリタケの謎

0804141
「こりゃニガクリタケだな」。最近は迷わずそう思うことにしています。一般的には朽ち木などから生えることが多いのですが、これは地面から生えています。地面から生えているとニガクリタケじゃないのかも? と不安になりますが、悩んでも仕方がありません。この手のきのこを見たらニガクリタケ。昨年からそういうことに決めました。


0804142
今回、裏返して気がつきました。このきのこは土から生えているのではなく、落葉などが堆積した腐食質から生えているようです。一見すると土に見えるものが、じつは厚みのある腐食質であることが分かりました。


0804143
傘の裏はこんな感じです。


●ニガクリタケ/Hypholoma fasciculare
モエギタケ科


参考文献:山と渓谷社『フィールドブックス きのこ』
(2008.4.12/石岡市)

|

« 初めてのアミガサタケ | トップページ | たぶん粘菌、きっと粘菌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めてのアミガサタケ | トップページ | たぶん粘菌、きっと粘菌 »