« ベニチャワンタケのようだけど… | トップページ | 汗かきゴルフボールと黒い傘 »

2008年5月10日 (土)

アミスギタケ

0805101
池の周りに打ち込まれている杭から出ていました。杭は水がしみ込んで腐っているような状態です。きのこにとっては格好の菌床なのかもしれません。ただし水分が多いので種は限定されると思います。


08051020805103
傘の裏と柄のようすです。傘裏はひだ状ではなく蜂の巣状の孔になっています。図鑑には広葉樹の枯木に発生すると書いてありますが、自分はスギの枯木に生えているものを何度も見ているので針葉樹にも生えると思います。たぶんこの杭もスギの木ではないでしょうか。


●アミスギタケ/Polyporus arcularius
サルノコシカケ科

参考文献:山と渓谷社『フィールドブックス きのこ』
(2008.5.3/小美玉市・旧小川町)

|

« ベニチャワンタケのようだけど… | トップページ | 汗かきゴルフボールと黒い傘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ベニチャワンタケのようだけど… | トップページ | 汗かきゴルフボールと黒い傘 »