« きのこの紅葉? | トップページ | おぉ、ドロドロ »

2008年9月 9日 (火)

紅色型と褐色型があるそうだ

0809092
たぶん、ハナオチバタケだと思います。先月のブログで紹介したのは紅色型で、今回のものは褐色型です。


08090930809094
露に濡れて傘の表面がテカっています。ひだは疎の最たるものではないでしょうか。数えられます。一、二、三…十三しかありません。大八車の車輪のようです。え〜っと、大八車ってわかりますぅ? 


●ハナオチバタケ/Marasmius graminum
キシメジ科

参考文献:山と渓谷社『フィールドブックス きのこ』『カラー名鑑 日本のきのこ』
(2008.8.29/土浦市)

|

« きのこの紅葉? | トップページ | おぉ、ドロドロ »

コメント

私は褐色型の方をよく見ます。でもうっかり踏んでしまいそうになります。
大八車って…?時代劇に出てくる様な、荷物を運ぶ車のことかなぁ?蝉しぐれで文四郎がふくと一緒に引いてるイメ-ジがこびり付いてます。だから当然死体が…
色んな事を勝手に思い出して楽しめました。

投稿: きのこの子 | 2008年9月11日 (木) 08時39分

きのこの子さん、こんばんは〜

ははは、大八車で遊んでいただいて光栄です。

死体と書いてありましたが、もしかして川から上がったもの(土左衛門)でしょうか? そこに筵がかぶせてありませんでしたか? はてさて、下手人はどいつだったのでしょう?

じつは私、時代劇大好きです。子どもの頃から父親と一緒に観ていたもので…。特に花島大吉(間違っているかも)シリーズはお気に入りでした。なかでも、お酒を飲むとめっぽう強くなるお侍さんが出てくるやつです。もう一度観たいなぁ〜。

投稿: mushizuki | 2008年9月12日 (金) 22時51分

実は、文四郎の父なのです。…悲しい。涙がだばだば出ましたよ。
時代劇によく死体が乗せられた車が出ますよねー。死体専用じゃないのに、イメージの中ではいつも一緒(笑)
そういや、時代劇は新しい物ほどわざとらしい感じがしますよね。昔っぽくなくて…。小さい時に見ていた金さんや、昔の水戸黄門の方が違和感が無くて良いです。
花島大吉…ちょっと分からないですねー。

投稿: きのこの子 | 2008年9月13日 (土) 13時00分

きのこの子さん、こんばんは。

え〜と、前回のコメントに間違いがありました。花島大吉ではなく花山大吉だったかもしれません。焼津のはんじ(はんじは人名ですが漢字がわかりません)という名の主人公、あるいは脇役が出ていました。主演は松方弘樹氏の父親で近衛じゅうしろう(漢字がわかりません)でした。

いや〜、あの頃の時代劇はホントよかった。確か、幼稚園児か小学低学年だったのですが、毎日見ていたような気がします。その頃からちょっと変わった人間でした。えへへ…

中学生の頃にはサツキに凝って、鹿沼土に切り枝を指して増やしていました(サツキは鹿沼土に刺しておくと、な〜んと根っこが生えてくるのです!)。つまり、盆栽(凡才)中学生だったのです。ははは。

今でも、そのときの盆栽が庭の一角にあります。枝は伸び放題、植え替えもしていないので哀れな姿ですが…

ところで話はもどりますが、花山大吉をご存じないとなると、私よりはすっとお若いのでしょうか? 誠に勝手ながら、同じくらいの年齢だと思っていました。間違っていたら申し訳ありません。

投稿: mushizuki | 2008年9月15日 (月) 22時47分

おはようございます
松方弘樹の父親!役者だったんですね〜。その時代劇、私は20代なのでさっぱり分からないんです。トホホ。似てますか?
暴れん坊将軍や松方弘樹の金さんはかっこ良いですよ―。ツヤの無い古い映像は時代劇にぴったりです。カツラも自然です!
サツキ…もしも松だったなら、盆栽でもハツタケなんて出て来るのかしら…と、ふと思いました。根元にハツタケを捨ててみたい!サツキには何か菌根菌が付いているんでしょうかね〜。しかし、ちょ〜っと中学生からというのは早過ぎかと。プラス相撲好きだったなら、若くして小さなおじいさんになってしまう所でしたよ!!でも根っこが生えてくるのを見たら興味をそそられますよね。にゅー、と

投稿: きのこの子 | 2008年9月16日 (火) 08時41分

きのこの子さん、こんばんは。

時代劇はいいですよね〜。私は数年前に放映された、渡辺謙が主演の番組が好きでした(タイトル忘れました)。ただし毎回は見ていませんでしたが…

そうそう、話は飛びますが、大江戸捜査網という12チャンネルの時代劇を覚えていらっしゃいますか? あれもよかったですね〜。

時代劇好きを自称していますが、なぜか必殺仕事人シリーズは、まったく見ていませんでした。好きとか嫌いではなく、たまたま見なかっただけです。

盆栽の件ですが、じつはサツキで開眼した中学生は、盆栽も始めました。ご自慢の五葉松の盆栽は枯れてしまいましたが、今でもいくつか残っています。こちらも、言うまでもなく悲惨な状態であります。

菌根菌っていい響きです。きん・こん・きん! キン・コン・キン! はぁ〜、がんばれ〜。菌類はともだちだ〜 と叫びたくなります。

投稿: mushizuki | 2008年9月16日 (火) 22時32分

私の場合は偶々、しかも、再放送を見たことがあるという具合です。なので、いつ再放送を見ても新鮮なんですよー。どの再放送でも同じものには当たらないという(笑)リアルタイムでしっかり見たものは無いですね。高橋英樹主演の2作を3週連続で見れたのが最高ではないかと思います。必殺仕事人は、ビイ〜ンと釣り糸の様なものを使った方法を、おおーっと感動して見た記憶がうっすらありますが、今思えば、なんで?どうなった?と感じるやり方ですねー。
私なんかは、木は放って置かれた方がのびのびしていられるんじゃないかと思ってしまいます。
盆栽の剪定…失敗したらくりくりとした頭の木になりそうですね(笑)

投稿: きのこの子 | 2008年9月17日 (水) 16時22分

きのこの子さん、こんばんは。

いや〜、お恥ずかしい話ですが、剪定は一度もしたことがないんです。のびのびと育てておりました。

時代劇の件ですが、なかにはDVDになっているものもあるようですね。じっくりと観てみたいものです。でも、DVDプレーヤーが壊れているので…残念。

話は飛びますが、秋の涼しい風が吹いてくると、私はなぜか東北に行きたくなります。これは毎年のことなので、きっと病気です。

投稿: mushizuki | 2008年9月18日 (木) 22時34分

おはようございます。
私は秋になると山に入りたくなる病にかかってますよ。最近はウラベニホテイシメジばかり狙って山に入ります。今年は入るタイミングが良いのか、ホウキタケも採れました。そうとう弾んで帰って来ます。オオゴムタケも最高に久し振りに見つける事ができたので、大満足です。病はもっと酷くなりそうです〜。

投稿: きのこの子 | 2008年9月19日 (金) 09時02分

こんばんは〜、きのこの子さん。

確か、オオゴムタケって食べられるんでしたよね? ちょっと私は食べる気にはなれないのですが、じつはおいしいのでしょうか。

以前、山道に生えているのを見かけました。かなり時間が経っていたようで、踏みつけると煙のようなものを巻き上げたような記憶があります。

ついに、今日は我慢しきず、仕事前に雑木林に出かけました。もっちろ〜ん、きのこの写真も撮ってきました(今日のきのこを報告できるのは来月になると思います)。

投稿: mushizuki | 2008年9月19日 (金) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/392158/23605582

この記事へのトラックバック一覧です: 紅色型と褐色型があるそうだ:

« きのこの紅葉? | トップページ | おぉ、ドロドロ »