« バ〜ラが咲いた、バ〜ラが咲いた | トップページ | 綿棒、マッチ、どっちに見えます? »

2008年9月 2日 (火)

雨上がり、きのこパレード

0809023
雨の降った翌日に雑木林に出かけると、次から次へときのこが目に飛び込んできます。きのこと言うと春と秋がシーズンのように思いますが、夏でもいろいろ生えるものなんですねぇ。

8月下旬には茨城県南部でもたくさんの雨が降りました。そのおかげでしょうか、多種多様のきのこと出会うことができました。今回から数回に分けて、土浦市の公園で見つけたきのこたちを報告していきたいと思います。


0809024
まずはこちら。ホウキタケの仲間らしいきのこです。一面にニョキニョキ生えていました。

図鑑で調べてみたら、カレエダタケのような感じです。ちなみに、カレエダタケはホウキタケ科ではなくカレエダタケ科でした。


●カレエダタケ/Clavulina cristata
カレエダタケ科

参考文献:山と渓谷社『フィールドブックス きのこ』
(2008.8.29/土浦市)

|

« バ〜ラが咲いた、バ〜ラが咲いた | トップページ | 綿棒、マッチ、どっちに見えます? »

コメント

正に、ニョキニョキ伸びたという感じ!先っぽだけ花が咲いているような様子がかわいいきのこですね。

投稿: きのこの子 | 2008年9月 3日 (水) 08時41分

おぉ、にょろにょろだ
そいやにょろにょろのキノコ、以前にmushizukiさんのこのブログ内にあったよ~な・・・

バラのキノコは違った意味で注目を集めそう(笑
mushizukiさんのカメラは嫌がって写さなくなるかもcoldsweats01

予測していたかもしれませんが、レポート、まだです・・・・・・・・・・・
この後取り組んで、お昼には提出しないと間に合わないぃぃ(泣
が、がんばるぞぉぉ・・・・・

投稿: o | 2008年9月 9日 (火) 00時41分

Oさん、こんばんは。

レポート間に合ったのかな? 今ごろは、ちょっぴり開放的な気分に浸っているのではないでしょうか。

最近、といってもここ一週間近くきのこを見に行っていません。身近な自然のことを考えたり、感じたりする余裕がないのです。いかんですね〜。

自然のことを忘れると、人は殺伐としてきます。オアシスが目の前にあるのに通り過ぎてしまう…人間っておばかさんですね〜。現代人は何を「生き急いでいる」のでしょう。近頃の私はそんな人間になっています。

ところで、妖怪人間ベム・ベラ・ベロって知ってます? お父さん、お母さんに尋ねてみてください。きっと、おもしろい話が聞けると思いますよ〜

投稿: mushizuki | 2008年9月 9日 (火) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/392158/23418287

この記事へのトラックバック一覧です: 雨上がり、きのこパレード:

« バ〜ラが咲いた、バ〜ラが咲いた | トップページ | 綿棒、マッチ、どっちに見えます? »