« 茶色い破線 | トップページ | 証人はきのこ »

2008年10月26日 (日)

陰からこっそり

0810261
顔をのぞかせているかわいいきのこ。傘の直径は大きいもので5〜6ミリ、小さいものだと3ミリ程度。いかに小さいかおわかりいただけると思います。

柄は半透明で、傘の天頂部分がやや茶色がかっています。撮影時の露出が多すぎたため、やや白っぽくなってしまいました。

さて、名前ですが…。図鑑を見てもわかりませんでした。生えていたのはコナラの倒木だと思います。


参考文献:山と渓谷社『フィールドブックス きのこ』
(2008.8.31/石岡市)


*10月30日追記
KINOKO WEBさんよりコメントをいただきました。もしかしたら、イヌセンボンタケかもしれないということでした。ヒントをいただき、図鑑で確認したらとてもよく似ています。個人的見解でイヌセンボンタケということにしちゃいます! (間違っていたらごめんなさい)

KINOKO WEBさん、アドバイスありがとうございます! また、よろしくお願いいたします。

|

« 茶色い破線 | トップページ | 証人はきのこ »

コメント

もしかしたら,
イヌセンボンタケかもしれませんね。

投稿: KINOKO WEB | 2008年10月30日 (木) 13時00分

kinoko webさん、こんばんは。

なるほど! イヌセンボンタケですか。
図鑑で見たらよく似ています。
イヌセンボンタケということにしちゃいますね!

投稿: mushizuki | 2008年10月30日 (木) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/392158/24743944

この記事へのトラックバック一覧です: 陰からこっそり:

« 茶色い破線 | トップページ | 証人はきのこ »