« 色白と顔黒 | トップページ | きのこ坊や »

2008年10月31日 (金)

フリスビー大会

0810311
傘がすごく大きいきのこです。しかも平坦な円盤形なので、フリスビーが飛んでいるように見えてしまいます。

この写真では、前日の雨のせいで傘がツルンと白っぽくなっています。


0810312
フリスビーの裏はこんな感じです。なかには直径20センチを軽く超えるものもあります。こんな重そうなものを支えているのに、意外と柄が細いのには驚かされます。ということは、けっこう強靭な柄なのでしょう。


0810313
こちらは傘が開く前のようす。チアリーダーが操るバトンが手違いで地面に刺さったような感じです。見方によってはマーチングバンドの大太鼓で使用するバチ(スティック?)にも見えるかも。

この森にはとにかくこのきのこがたくさん出ます。発生が集中すると、森じゅうにフリスビーが飛び交っているような様相です。

このきのこ、じつはカラカサタケだと思っていたのですが、つばのようすがちょっと違います。このようにだらりと幕が下がったようになっているのは、マントカラカサタケらしいです。この森にはこれとよく似たカラカサタケもたくさん出ます。カラカサタケのつばはマント状ではなく、リング状になっています。

そう言えば、カラカサタケは食べられるきのこだそうですが…。私はたびたび大発生を見ていますが、どうしても食欲がそそられません。なんとなくパサパサしたきのこではないかという先入観を持っているからです。う〜ん、どうしてもおいしそうには見えないんですよ、なぜか。


●マントカラカサタケ/Macrolepiota sp.
ハラタケ科

参考文献:山と渓谷社『フィールドブックス きのこ』
(2008.8.31/石岡市)

|

« 色白と顔黒 | トップページ | きのこ坊や »

コメント

見事な円盤ですね~!
円盤の下のピロ~っとしたのもおもしろいですね。
かさが開く前とは大違いだ・・・!

T先生は研修?でしょうか。
より実践的な英語も身につけたいな、といっていました。かっこいい~~shine
実は私、T先生のもとで卒研をすることになりました。
外部提携、ですね。
幸せですが忙しくて毎日駆け回っています。
頑張れ私~ 

mushizukiさんはいかがお過ごしですか。

投稿: o | 2008年11月14日 (金) 13時15分

こんばんは〜

いかがお過ごしと言われても、何と答えてよいやら…
自然の写真を撮って、毎日ブログを書いて暮らせればいいなぁ〜と思っています。

先生のもとで、卒研ですか! 何を研究されるんでしょうか。(と、ところで、卒研って卒業研究のことですよね?)

私も研究員の一員に混ぜてほしいですぅ〜。下働きでも何でもやりますから〜(って、そんなこと許されないですよね)。混ぜてもらえないなら、遊びに行ってもいいですか〜〜〜

投稿: mushizuki | 2008年11月15日 (土) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/392158/24877442

この記事へのトラックバック一覧です: フリスビー大会:

« 色白と顔黒 | トップページ | きのこ坊や »