« おハツで〜す | トップページ | 急げ、マツオウジ »

2009年5月 9日 (土)

クロハツモドキしか思い浮かばない

0905091
だいぶ時間が経った老菌のようです。傘が思いっきり反り返っているようすを見るとベニタケ科のきのこを連想します。ハツタケと呼ばれる種類の一種ではないでしょうか。

色からするとクロハツが近いですが、ひだの形状がまったく違います。さらに、この写真のものは、柄が灰色を帯びているように見えます。正直言って種類がさっぱりわかりません。


0905092
すぐ近くにはこのようなきのこが出ていました。同じ種類には見えませんが、ひょっとするとこちらは幼菌なのかもしれません。別種だろうと思いながらも、同種ではないかと疑う自分。


0905093
傘の裏はご覧の通り。ひだは密です。


0905094
側面から見ると、ひだと柄がピッタリくっ付いています。

図鑑を何度も見返して、クロハツモドキが一番似ていると判断。間違っているかもしれませんが、暫定的にクロハツモドキにしておきます。

●クロハツモドキ/Russula densifolia
ベニタケ科ベニタケ属

撮影:2008.9.19/石岡市
参考文献:山と渓谷社『フィールドブックス きのこ』『カラー名鑑 きのこ』

|

« おハツで〜す | トップページ | 急げ、マツオウジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/392158/29534614

この記事へのトラックバック一覧です: クロハツモドキしか思い浮かばない:

« おハツで〜す | トップページ | 急げ、マツオウジ »