« 虫が魚になった? …ぼくはセミノハリセンボン… | トップページ | 謎のタコウキン科 »

2010年3月11日 (木)

雨後のタマキクラゲ

1003111
昨日、雑木林を歩いてきました。寒いせいか、きのこの発生はまだのようです。ただし、前日の雨の影響かタマキクラゲは各所に落ちている枯れ枝に発生していました。このゼラチン状のきのこ、プルプルしてて触ると気持ちいいです。ただし、人によっては「気持ち悪い」と感じるかもしれません。食べられるきのこのようなので、今年は試食を決行したいと密かに思っています。

しかし、タマキクラゲは寒くても前日に雨が降ると出るもんなんですね〜。もしかしたら真冬でも出ていたりして…。真冬の雑木林、しかも雨の次の日に歩くことなんてなかったので本当のところはどうかわかりません。こりゃ、真冬の雨の後に歩いてみる必要があるかも。


(撮影:2010.3.10/石岡市)

|

« 虫が魚になった? …ぼくはセミノハリセンボン… | トップページ | 謎のタコウキン科 »

コメント

はじめまして。
タマキクラゲかわいいですね。

わたしもことしにはいってから
タマキクラゲさんに何度もお目にかかりましたが
まだ食してません。

・・・いまいち勇気が・・。


もし、試食されたら感想お聞かせ下さい。

投稿: ジャスミン | 2010年3月11日 (木) 20時34分

ジャスミンさん、はじめまして。

タマキクラゲってなんとも愛嬌があるきのこですよね。春から夏にかけては、雨の降った翌日にはそこらじゅうに出ています。その発生ぶりがとてもにぎやかで、彼らの歌が聞こえきそうな気になります。

前々から食べてみようと思っているので、今年こそは挑戦します。食べたらご報告しますので、しばらくお待ち下さい。

投稿: mushizuki | 2010年3月15日 (月) 10時40分

タマキクラゲ、今日(12月29日)見つけましたよ
こちら(栃木県宇都宮)は、きのう夜半から朝方まで雨でした
山林を伐採してつくった大型霊園の裏側。
落葉がまだじくじくしめっている道のそこかしこに
枯れ枝にまとわりつく小さな赤いダンゴ達を発見。
最後に見たのが5月ごろだったので、ちょっと感動しました^^

投稿: 盆と正月 | 2012年12月29日 (土) 20時54分

盆と正月さん、はじめまして。

タマキクラゲは雨が降ると元気になるきのこのようで、雨後の翌日などはよく見かけます。

意外にも寒さに強いきのこのように感じます。早春のまだ寒い時季でもあちこちで発生しているのを見て驚いた記憶があります。

自分は、落ちた枯れ枝(なぜか皮付きに限られる)から発生しているのをよく見かけます。生きた木、伐採された木の幹などから発生しているのはまだ見たことがありません。

投稿: mushizuki | 2012年12月30日 (日) 01時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/392158/33727307

この記事へのトラックバック一覧です: 雨後のタマキクラゲ:

« 虫が魚になった? …ぼくはセミノハリセンボン… | トップページ | 謎のタコウキン科 »