« 陸に上がったアメフラシ | トップページ | このきのこ、水疱瘡です »

2010年3月21日 (日)

サルノコシカケ科? マンネンタケ科?

1003211
伐採された木の株から生えています。木の種類はイヌシデかアカシデのような雰囲気です。


1003212
見るからにサルノコシカケ科(タコウキン科)、あるいはマンネンタケ科のきのこです。発生からだいぶ時間が経っている模様。傘の表面は色褪せています。


1003213
図鑑で調べればすぐにわかると思っていたのですが、そうはいきませんでした。


1003214
傘の裏です。管孔はかなり微細。いったい何という名のきのこでしょう?


(撮影:2010.3.18/吾国山)

|

« 陸に上がったアメフラシ | トップページ | このきのこ、水疱瘡です »

コメント

 mushizukiさん、ご無沙汰しています。大阪のだんきちです。春のブログ再開を心待ちにしておりました(´▽`)

 この系統は本当に難しいですね

 上から見た限りでは分かったつもりになることも多いですが、裏側を見ていつも『うーむ』と考え込んでしまいます。。
 こちらの管孔は、はんぺんみたいに細かいですね。いったい何なのでしょうか。。

投稿: だんきち | 2010年3月22日 (月) 20時57分

だんきちさん、こちらこそご無沙汰しております。

いよいよきのこの季節到来でしょうか。これから続々と発生することと思いますが、私にはちょっと頭の痛い時期でもあります。見ただけで名前がわかるようになれば楽しいんですけど、そこまでの道のりはまだまだ遠い…

写真のきのこ、何でしょうねぇ? 見た瞬間、「あっ、これなら図鑑を見ればすぐわかる」な〜んて思ったのですが…そうは問屋が卸しませんでした。

やっぱりきのこは奥深い…というか、私が浅いだけなんですけど。トホホ。

投稿: mushizuki | 2010年3月23日 (火) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サルノコシカケ科? マンネンタケ科?:

« 陸に上がったアメフラシ | トップページ | このきのこ、水疱瘡です »