« 紙からゼリーを作る手品 | トップページ | 椿の下には菌核が埋まっている(梶井基次郎風に) »

2010年4月 6日 (火)

茨城にはきのこ同好会がない?

以前からきのこのことをもっと詳しく知りたいと思っていました。それにはきのこ同好会や愛好会に参加するのが一番の近道。しかし、ネットで検索してもそれらしい集まりはありません。茨城ってきのこに興味のある人が少ないのでしょうか? 茨城にはきのこやコケ、粘菌の写真で有名な伊沢正名さんという方がいらっしゃるのに…。きのこの図鑑(コケや粘菌も)と言えばほとんど伊沢さんの写真が使われています。そんなきのこ写真の大家がいらっしゃるにもかかわらず、きのこ熱は茨城県民の間に伝播していないようです。

余談ですが…
そもそも茨城県人はものすご〜く“宣伝”が下手です。観光資源や自慢できる郷土文化、人物が存在してもなかなかメジャーにすることができません。唯一知られているのが水戸のご老公様くらいではないでしょうか。最近は筑波山や袋田の滝、偕楽園も知られてきていますが、まだまだメジャー級とは言えないでしょう(偕楽園は日本三名園の一つなのでそれなりに知られているかも)。

なんとかなりませんかね、茨城県。有名になることがすべて善とは言いません。でも、誇りを持って「茨城はいいぞ! すごいぞ!」と言える県にしたいものです。

ものすごい脱線をしました。もとのきのこ同好会の話に戻します。

先日、知り合いから「土浦できのこの調査みたいなものを毎月やっているよ」という話を聞きました。さっそく連絡を取り、会の活動に参加させてもらうことにしました。その調査が4日の日曜にありましたので、そのとき見つけたきのこを次回から報告したいと思います。
1003151
この調査にはサルノコシカケ科を研究されている著名な博士が関わっています(残念ながら学会の集まりで当日はお見えになりませんでした)。

そんなこともあり、3月12日の記事で報告した不明のきのこ(記事はこちら)の名前を関係者経由でお尋ねしてみました。すると、すぐさまメールで回答がありミイロアミタケであることが判明。研究者の方はとても忙しいので、回答は数週間後だと思っていたのに即座の返信。恐縮するやら驚くやら…この場を借りてお礼を申し上げます。


●ミイロアミタケ/Daedaleopsis purpurea
サルノコシカケ科チャミダレアミタケ属

|

« 紙からゼリーを作る手品 | トップページ | 椿の下には菌核が埋まっている(梶井基次郎風に) »

コメント

こんにちは~。

釣りの親友が昨年の秋、転勤でひたちなか市に引越しました。
なにか地元の美味しいものでも食べたか?と尋ねたんですが、「う~ん、美味しいものねぇ・・、う~ん、なんだろ?」と困ってました。
とりあえず私の好きな干し芋(茨城ブランドのものはスーパーで売っているけど高くて手が出せない・・・)を今度盛岡に帰省する時に買って来てくれるとのことでしたが、干し芋以外になんかないのかなぁ、茨城。
情報発信能力が欠けているところは岩手も同じですね。なんか情報を発信することが、おとなげないことだと思っているフシがあるようです。

きのこの調査隊なんていうのがありましたか。
すぐ連絡をとって参加されるとは素晴らしい行動力です。
これできのこに関する見識がグッと広がりそうですねぇ。

投稿: anago | 2010年4月 7日 (水) 09時17分

anagoさん、こんばんは〜。ご無沙汰しております。

以前、そちらのコメント欄でお伝えした通りで、今も状況は変わっていません。きのこ調査に同行しているような場合じゃないんですが、思い詰めると変になりそうなので思い切って出かけてみました。

きのこの見識が広がって、人生も拓ければいいのですが、世の中そんなに甘くありません。お褒めいただいた(?)ように、へんな行動力は持っています。これをもっと別なところで活かせればよいのですが…

茨城のおいしいものの件ですが
ご指摘の通り、干し芋(乾燥芋とも言います)があります。ひたちなか市近郊ですと、ほかにはアンコウ(季節ものですが)がありますね。

あとは、おいしいかどうかわかりませんが「凍みこんにゃく」というものがあります。茨城の北部(福島に近い方)はコンニャクの産地でして、普通のコンニャクはもちろん「凍みこんにゃく」というものも作っています。これは、薄く切ったこんにゃくを冬の寒い屋外に放置プレイ。乾燥させたものです。食べるときには確か水で戻します。ん? いったい何やってるんだろ。「そのまま食べてもいいんじゃないっ」とも思える乾燥こんにゃくです。但し書きには、冬の寒さに晒すことでどうにかなる云々ということが書いてあったような(肝心なところがわからなくて済みません)。

ひたちなか市からは遠いのですが、カボチャも有名です。江戸崎というところで作られる「江戸崎カボチャ」は地元ではかなり有名です。私も食べたことがありますが、確かにうまいです。

そうですね〜、今思い出せるのはこれくらいでしょうか。ひたちなか市ですと、海がすぐそばなので海産物もいいと思います。でも、海産物なら岩手の方がいいものありそうですね。


投稿: mushizuki | 2010年4月 7日 (水) 22時15分

初めまして。
茨城のキノコ同好会で検索したところ、こちらにたどり着きました。私は中年の茨城南部住みでキノコに興味があり勉強中ですが同好会に参加したく思っておりますが、拝見したキノコ調査の同行とか羨ましく思いました。

投稿: 亀之助 | 2016年12月 1日 (木) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/392158/34100896

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城にはきのこ同好会がない?:

« 紙からゼリーを作る手品 | トップページ | 椿の下には菌核が埋まっている(梶井基次郎風に) »