« きのこは愉快 | トップページ | タワシのようなきのこ »

2010年4月20日 (火)

天然きのこはトビムシたちの砦

1004205
この絶対的な存在感は! うわ〜っ、野生のシイタケです。よくシイタケのほだ木が雑木林に並べてありますが、これは違います。自然に朽ちたコナラの木です。ただし、発生の元となった菌は、栽培用のほだ木に出たシイタケから飛んできたものかもしれません。

図鑑か本かネットか忘れましたが、シイタケは天然(自然発生)ではあまり出ない、あまり育たない…ということが書かれていたのを思い出しました。シイタケ菌はあまり強い菌ではないようで、ほかの菌に負けてしまうことが多いそうです。そんな情報が頭に入っていたので、今回の巨大天然シイタケを見つけたときには衝撃を感じました。


1004206
「こりゃ、今晩のおかずだ!」と小躍りしながら写真をパチパチ。どこから眺めてもご立派、壮観。「いいネ〜、いいネ〜、素敵だよ」。

このときふと気づきました。グラビアアイドルを撮影するカメラマンってこんな気分なのか…と。本気できのこを褒めまくって撮影している自分が、プロのカメラマンと重なりました。

さて、撮影終了。収穫に取りかかりま〜す。

あれ? なんだコリャ? 細かいひだの中でうごめく小さな点が…

うわっ、これトビムシの仲間じゃないですか?

ものすごーく大量にいます。しかも威勢よく、ひだから飛び出してくるではありませんか! パチっとかいって目に入りそうな勢いです。

でも気にしな〜い。食べちゃえ、食べちゃえ!


1004207
この日、家の者たちには大量のトビムシの件は内緒にして、さっさと焼いてお皿に乗せてテーブルに出しちゃいました。しかも傘を上に向け、トビムシたちの気配を悟られないように。たぶんトビムシたちは真っ黒焦げで何が何だかわからなくなっていると思います。

でも、目を覆いたくなるような大量のトビムシの残像が目に焼き付いていて、家族に内緒にしておくのは後ろめたかったです。でも、死ぬわけじゃないし…。

「シイタケ、食べるー」と子どもがおいしそうに食べています。次から次へと口に運んでいる様子を見ると、ちょっと複雑な気分。でも、死ぬわけじゃないし…

繊維質に加え、トビムシのタンパク質も吸収できて栄養満点かも? と自分に言い聞かせながら自らも口に。「天然物は香りがいいかな」(気のせい?)なんて思いながらおいしくいただきました。

日中、軽く陽に当ててトビムシを追い出しておけば、もっと気分よく食べられたでしょう。迂闊でした。

余談ですが、家族は私のきのこ鑑定眼を疑っています(当然と言えば当然です。素人ですから)。しかし、今回のきのこはどう見たってシイタケ。間違いようがありません。なので、山で採ってきたとは言わずに友人からもらったと嘘をつきました(ごめんなさい)。「どこの誰?」「なんでくれたの?」「きのこ栽培してる友達いたっけ?」などと細かいツッコミが入ったらどうしよう…と心配しましたが、何事もなく時は過ぎました。あ〜よかった。


●シイタケ/Lentinula edodes
キシメジ科

撮影:2010.4.19/石岡市

|

« きのこは愉快 | トップページ | タワシのようなきのこ »

コメント

何お前
超きめぇ
虫くっついてんのに娘に食わせるとか神経疑うわ

投稿: なにこいつ | 2011年4月18日 (月) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天然きのこはトビムシたちの砦:

« きのこは愉快 | トップページ | タワシのようなきのこ »