« 柄の長いサルノコシカケ科 | トップページ | オシロイタケを齧って…あ、すっぱい »

2010年5月 6日 (木)

黄金色のかわいい奴

倒木や切り株などに、黄金色の小さなきのこが密集していることがあります。遠くから見るとぼ〜っとオレンジ色に光っているように錯覚する不思議なきのこです。

茨城県南部でそんなきのこに出会ったら、ヒメカバイロタケの確率が高いです。図鑑の写真などには比較的大きな個体が載っていますが、下の写真のような小さなきのこをよく目にします。


1005061
きのこが乾いてしまっていて茶色がかっていますが、瑞々しいときは黄色に近いオレンジ色でとてもきれいです。


1005062
傘の裏は細かいひだではなく、かなり疎らです。ひだとひだの間に脈が通っているのが特徴です。


●ヒメカバイロタケ/Xeromphalina campanella
キシメジ科ヒメカバイロタケ属

撮影:2010.5.2/土浦市

|

« 柄の長いサルノコシカケ科 | トップページ | オシロイタケを齧って…あ、すっぱい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/392158/34560302

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金色のかわいい奴:

« 柄の長いサルノコシカケ科 | トップページ | オシロイタケを齧って…あ、すっぱい »