« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月21日 (月)

赤い汗のしたたるきのこ

1006211
これ、きのこでしょうか?

ええ、やっぱりきのこだと思います。

自問自答を繰り返しながら写真を撮りました。

生えていたのは地面から。もしかしたら、地中に埋もれていた木材から伸びていたかもしれません。


1006212
切り離して明るいところで撮り直してみました。

片方はきのこ本体から赤い汁を出しています。サルノコシカケ科のきのこなど、発生したばかりの幼菌のときに汗をかいているものをよく見かけます。印象としてはそれと同じです。

さて、このきのこの名前ですが…
図鑑を調べてみましたけど、よくわかりませんでした。


撮影:2010.6.9/石岡市

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

二階建てきのこ

1006111
きのこの上に生えるきのこにヤグラタケがあります。でも、このきのこは違います。


1006112
何だろうなぁ〜と悩みました。専門の方に相談したら、チャカイガラタケかコゲイロカイガラタケではないかというヒントをいただきました。

チャカイガラタケは数えきれないほど見ています。でもね〜、亀の甲羅干しではありませんが、親きのこの上に子きのこが生えているのは初めてです。


1006113
ひだはギザギザの鋸歯状です。確かに、このひだはチャカイガラタケによく似ています。

(上の三点は5月に撮ったものです)


専門家の方が「傘の断面を見て、肉の部分が薄い茶色だったらチャカイガラタケ。濃い茶色だったらコゲイロカイガラタケ」と教えてくれました。


1006114
今月再び傘を割りに出かけてみると…

この色から察するとチャカイガラタケのような気がします。

広葉樹に生えていたらチャカイガラタケ、針葉樹だったらコゲイロカイガラタケとも教えていただいたのですけど、そのことをすっかり忘れてしまい樹種を確認してきませんでした。

でも、チャカイガラタケのような気がします。次に行ったときには樹種を確認してきます。


撮影:上3枚2010.5.13、一番下6.9/石岡市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

えんぴつきのこ

1006031
先月、変わったきのこを見つけました。傘はありません。カリカリの棒みたいなきのこです。先端が色変わりしていて、鉛筆のようです。

なんの仲間なのか、さっぱり見当がつかないので専門の方にお尋ねしてみました。


1006032
すると、クロサイワイタケ科のきのこであることが判明。しかし種名までは確定できませんでした。やはり写真だけだと限界があるようです。

クロサイワイタケ科と言われれば、以前報告したきのこにマメザヤタケがあります。思い出してみれば、マメザヤタケが古くなって乾燥すると黒いしわしわの棒になります。最初の写真でも、時間のたったきのこが同じように黒いしわしわになっています。たまたまかもしれませんが、両者はとてもよく似ています。


撮影:2010.5.15/石岡市

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »