« コリコリしそうな赤い棒状のきのこ | トップページ | 黄色いのにアオモジホコリ »

2010年7月20日 (火)

アマニータ、アマニータ

1007201
気品を感じさせる優雅な姿です。まるでドレスをまとった貴婦人にも感じられます。こうして見ると、テングタケは意外にも色白なんですね〜


1007202
年齢別に集めてみました。左からお年を召したきのこ、赤ちゃんきのこ、若いきのこです。

以前、「菌懇会」の方たちの活動について報告しました。このきのこは、活動のとき一緒について回って撮影したもののひとつです。みなさんの後をついていくと、きのこの学名がポンポン飛び交います。テングタケ科のきのこだと「アマニータ」(アマニタかもしれません)と呼ばれるものがほとんどです。なんだか外国の女性の名を呼んでいるようでカッコいいと思いました。

そんなわけで、私も小声で「アマニータ」なんて呼んでみたわけです。キャハハ、ちょっと照れますな〜


●テングタケ/Amanita pantherina
テングタケ科テングタケ属

(2010.6.27/つくば市)

|

« コリコリしそうな赤い棒状のきのこ | トップページ | 黄色いのにアオモジホコリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/392158/35808574

この記事へのトラックバック一覧です: アマニータ、アマニータ:

« コリコリしそうな赤い棒状のきのこ | トップページ | 黄色いのにアオモジホコリ »