« やっぱりきのこは不思議だらけ | トップページ | 小さな芸術家たち »

2010年7月14日 (水)

粘菌のかわいい花咲く梅雨の空

こんなにも粘菌(変形菌)たちは身近な存在だったのか!

そう思わずにはいられないほど、梅雨の時季は粘菌に出会えます。しかし、出会えるのは変形体ではなく子実体です。

先月下旬、つくば市にある筑波実験植物園で「菌懇会」という団体が、きのこの観察会を開きました。「参加してみませんか?」と知り合いの人に誘われ、のこのこと出かけて一緒についてまわった私です。

会員の方のなかに粘菌の専門家らしい人がいました。きのこ好きの私ですが、粘菌も大好きです。どうしても好奇心が抑えられず、ついつい粘菌探しの現場で足を止めてしまいました。もちろん、そのとき見つけられた粘菌たちを撮らせていただきました。それがこれ。


10071411007142
10071431007144
上の左がシロジクキモジホコリ。右がカタホコリの仲間。下の左がサカズキホコリ。右がモジホコリあるいはツナホコリの仲間だそうです。

どれもこれも、み〜んなかわいいヤツらばっかりです。こんなのを標本にして並べたら、すっごく楽しそう。かなりやる気になっている私ですが、一線を越えるのはいつでしょう? (やばいです。ムズムズしてきました)


(2010.6.27/つくば市)

|

« やっぱりきのこは不思議だらけ | トップページ | 小さな芸術家たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 粘菌のかわいい花咲く梅雨の空:

« やっぱりきのこは不思議だらけ | トップページ | 小さな芸術家たち »