« 小さな杯、白い茶碗 | トップページ | そろそろ粘菌シーズンに突入か »

2011年5月21日 (土)

アミガサタケとウラスジチャワンタケ

1105211

アミガサタケっておいしいという話ですけど、いまだに食べたことがありません。なんでも、一度干してから料理に使うと格段にいい味が出るとか。


きのこの観察会に参加すると、食べ方に関する情報が入ってきたりして得した気分になります。


そうなんです。こちらのきのこは4月に開催されたきのこ観察会・調査のときに撮影したものです。

1105212

こちらはウラスジチャワンタケです。形は違いますが、質感はなんとなくアミガサタケに似ています。


ウラスジチャワンタケはノボリリュウタケ科に属するきのこ。一方のアミガサタケはアミガサタケ科のきのこ。どうなんでしょう? この二つの科は意外にも近い系統に属していたりして…。専門家ではないので詳しいことはわかりませんけど、なんとなくそんな気がしてなりません。

●アミガサタケ/Morchella esculenta var.esculenta
アミガサタケ科アミガサタケ属

●ウラスジチャワンタケ/Helvella acetabulum
ノボリリュウタケ科ノボリリュウタケ属


(撮影:2011.4.29/つくば市)

|

« 小さな杯、白い茶碗 | トップページ | そろそろ粘菌シーズンに突入か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/392158/40077634

この記事へのトラックバック一覧です: アミガサタケとウラスジチャワンタケ:

« 小さな杯、白い茶碗 | トップページ | そろそろ粘菌シーズンに突入か »