« 松と仲良しヒメカバイロタケ | トップページ | ニッケイタケ似のサルノコシカケ? »

2012年7月 2日 (月)

堂々たる出で立ち。カボチャのようなきのこ

1207021

この圧倒的な存在感はなんでしょう!


イグチ科のきのこのなかでもひと際大きく成長するのがアカヤマドリではないでしょうか。

1207022

まるで黄色いカボチャのようです。カボチャと言えば食べられますが、このきのこもじつは食べられるんです。

1207023

そういえば、イグチ科のきのこは菌根菌が多いような気がします。なので、このアカヤマドリも何かの木と友好関係にあるのだと思います。近くにコナラが生えている場所で何度も見かけているのでコナラとは仲良しなのかも…


茨城県南部の雑木林などではよく見かけますから、やっぱりコナラやクヌギなどと関係があるように思います。

●アカヤマドリ/Leccinum extremiorientale
イグチ科ヤマイグチ属


(撮影:2012.7.1/土浦市)

|

« 松と仲良しヒメカバイロタケ | トップページ | ニッケイタケ似のサルノコシカケ? »

コメント

今年は「アカヤマドリ」の当たり年のようですね^^
私はカレーに入れたり、細かく刻んでハンバーグに混ぜ込んだりして利用しますよ~

投稿: きの | 2012年7月 2日 (月) 05時58分

きのさん、ご無沙汰してます。

カレーにこのきのこだと、どこにあるのかわからなくなりそう。それを探して食べるのが楽しかったりして…

じつはアカヤマドリって食べたことありません。

どんな風味なのか、想像するのも楽しいものです。新鮮なものがあったら今度トライしてみます。

投稿: mushizuki | 2012年7月 2日 (月) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/392158/46080204

この記事へのトラックバック一覧です: 堂々たる出で立ち。カボチャのようなきのこ:

« 松と仲良しヒメカバイロタケ | トップページ | ニッケイタケ似のサルノコシカケ? »