« あ〜か〜い〜 ちしお〜のチシオタケ | トップページ | ニッキ臭のするきのこ »

2012年12月17日 (月)

確かに、団扇に見えます

1212171
パタパタと扇いだらいい風が来そうな感じがします。団扇に似ていて、てかてかと艶を帯びているような見映えなのでツヤウチワタケ。なるほど覚えやすいネーミングです。


1212172
サルノコシカケ科(タコウキン科)の仲間なので、傘の裏は孔が目立つはず。ちょっと裏返してみると…すっごく細かい孔がびっしり。


生えているのは桜の枝のような感じです。材との接合部分にも注目です。まるで接着剤でビタッとくっつけたような印象。かなりしっかりと接合していて、ちょっとやそっとでは剥がれそうもありません。

●ツヤウチワタケ/Microporus vernicipes
サルノコシカケ科ツヤウチワタケ属

(撮影:2012.11.4/土浦市)

|

« あ〜か〜い〜 ちしお〜のチシオタケ | トップページ | ニッキ臭のするきのこ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/392158/48346657

この記事へのトラックバック一覧です: 確かに、団扇に見えます:

« あ〜か〜い〜 ちしお〜のチシオタケ | トップページ | ニッキ臭のするきのこ »