« 2012年12月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年1月

2013年1月13日 (日)

地味な顔ぶれ、冬のきのこ

1301131
冬はきのこの発生が少ない季節です。傘のあるきのこらしいきのこ、軟らかいきのこはほとんど見られません。


目につくのは、立ち枯れの樹木や放置された朽ち木に固着している硬いきのこばかり。そのほとんどがサルノコシカケ科やウロコタケ科、タバコウロコタケ科、ニクハリタケ科などの菌類です。


本日(1/13)見つけたのはネンドタケ。だいぶ前から発生しているものだと思います。コナラの倒木にびっしり生えています。一部分は完全に乾燥して枯れた花のようになって黒く変色しています。


このきのこは本当によく見かけます。茨城県南部の雑木林では常連中の常連と言えるかもしれません。カワラタケとならんで「どこででも見られるきのこ」かもしれません。さらに、カワラタケと同様に強力な木材腐朽菌だと思います。


1301132
傘の表面は粗い毛が生えていてざらついた印象です。しかも硬い毛が野暮ったさを際立たせています。見かけはあまり上品なきのこではありませんね。


しか〜し、分厚い傘がなんとなく頼もしい。群生していることが多いので、力強ささえ感じます。「お〜、しっかり仕事してますなぁ」と声を掛けたくなるほどです。


1301133
傘の裏は管孔状です。断面を見ると孔の部分が意外と長いのがわかります。これを見るといつも鯨の口を思い出してしまう私です。


さて、他に見かけたきのこも記しておきます。


カワラタケ、チャカイガラタケ、ハナビラニカワタケ、チヂレタケ、ヒメキクラゲ、クロコブタケ、アナタケ、ネンドタケモドキ、チャアナタケモドキ、ニクウスバタケ、ニセニクハリタケなど。

●ネンドタケ/Phellinus gilvus
タバコウロコタケ科キコブタケ属

(撮影:2013.01.13/土浦市)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

スギの切り株から「あけましておめでとう」

1301041
小型のきのこですが色が鮮やかなので目立ちます。群生していることが多いことも目を引く一因ではないでしょうか。


折しも元旦の雑木林で傘のあるきのこに出逢えるとは思ってもいませんでしたが、小さな橙色のきのこが新年の挨拶をしてくれました。


1301042
名前は断定できませんけど、たぶんヒメカバイロタケの老菌ではないかと思っています。


伐採されたスギの切り株などに発生しているのをよく見かけます。どちらかというと、切られたばかりの新鮮なものよりも多少不朽の進んだ切り株のほうが好きなようです。


(撮影:2013.01.01/阿見町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

真冬のきのこ、強靭なきのこ

1301031
元旦に雑木林に出かけたときに見つけたきのこです。落葉から生えているように見えますが、伐採された木の幹から発生しています。


発生からだいぶ時間が経っているものと思われます。見るからにサルノコシカケ科の一種と思われます。


1301032
そう思って傘の裏を見てみると、管孔状ではなく迷路状の溝が走っていました。


裏側の様子を写そうと思って、生えている材から引きはがそうとしましたがびくともしませんでした。こんな強靭なきのこはマツオウジ以来です。


ところで、これは何というきのこなのでしょう?


図鑑とにらめっこをしたらチリメンタケのような気がしましたが、断定できません。


(撮影:2013.01.01/阿見町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年7月 »