« 2013年1月 | トップページ

2013年7月

2013年7月 7日 (日)

麻綿原・天拝園のあじさい…恐怖の自然

1307071
先日、千葉県鴨川市にある清澄寺から、アジサイで有名な大多喜町の天拝園(妙法生寺境内)まで歩いてきました。


当日は雨に風、そして靄という三重苦の道のりを行くことになったわけですが、途中にはタマゴタケとの素敵な出会いがあり、かなり気分よく歩けました。

1307072
こちらがアジサイ満開の天拝園です。

1307073_2
不思議な看板がありますけど…いったいどういう意味なのでしょう?


天拝園を散策していると地元の人らしき人が声をかけてきました。


「どう? 蛭、大丈夫だった?」


いったい何のことやらわからず、ぽかんとしていると…


「ここらへんは、すごく蛭が多いんだよ! 血、吸われてない?」


はぁ、大丈夫です。みたいな返答をしたものの、何となく不安がよぎります。


「足元はもちろん、ときには上から落ちてくることもあるから、首のあたりも注意しないとだめだよ!」


そんなアドバイスをいただきました。なんでも、木の枝の上にいる蛭が人の気配を察知して落ちてくるというのです。


まっさかぁ〜、そんなことがあるわけないよな…なんて半信半疑の自分。


その方と分かれた後、首に巻いていたタオルをとってみると…


え〜っ、ほんとですかあァ〜!


タオルには赤い血判が数か所あるではないですか。うわぁ〜、本当だったんだ。


心配になって足元を見てみると…


ぐわぁ! 


10匹以上の蛭がズボンの裾の方にくっついています。縮んだときは小豆粒ぐらい、伸びると楊枝ぐらいの長さになります。それが尺取り虫のように足元から太ももの方に向かって這い上がってくるのです。


なかにはうまいことやって、ズボンの裾から潜り込んで足から血を吸っているものがいました。たっぷり血を吸った個体は豆のように丸くなって、意外にもすんなり体から離れますが、食事中のヤツは爪で引っ掻いてそぎ落すしかありません。これがちょっと気分悪いです。無理に引き離した場合は吸い口から血がだらだらと流れ出してなかなか止まりません。


吸われた傷口はチリチリと痒いような痛いような感覚がずっと残ります。


う〜ん、恐るべき自然!

1307073
この看板の意味はそう言うことだったんです。遠回しに言われると何のことやらって感じです。


とても貴重な体験をさせていただきました。


「看板に偽りなし」

(この日は、きのこどころではなくなってしまいました…ョ)


● タマゴタケ/Amanita hemibapha
テングタケ科テングタケ属


(撮影:2013.07.04/千葉県鴨川市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ