7月のきのこ

2013年7月 7日 (日)

麻綿原・天拝園のあじさい…恐怖の自然

1307071
先日、千葉県鴨川市にある清澄寺から、アジサイで有名な大多喜町の天拝園(妙法生寺境内)まで歩いてきました。


当日は雨に風、そして靄という三重苦の道のりを行くことになったわけですが、途中にはタマゴタケとの素敵な出会いがあり、かなり気分よく歩けました。

1307072
こちらがアジサイ満開の天拝園です。

1307073_2
不思議な看板がありますけど…いったいどういう意味なのでしょう?


天拝園を散策していると地元の人らしき人が声をかけてきました。


「どう? 蛭、大丈夫だった?」


いったい何のことやらわからず、ぽかんとしていると…


「ここらへんは、すごく蛭が多いんだよ! 血、吸われてない?」


はぁ、大丈夫です。みたいな返答をしたものの、何となく不安がよぎります。


「足元はもちろん、ときには上から落ちてくることもあるから、首のあたりも注意しないとだめだよ!」


そんなアドバイスをいただきました。なんでも、木の枝の上にいる蛭が人の気配を察知して落ちてくるというのです。


まっさかぁ〜、そんなことがあるわけないよな…なんて半信半疑の自分。


その方と分かれた後、首に巻いていたタオルをとってみると…


え〜っ、ほんとですかあァ〜!


タオルには赤い血判が数か所あるではないですか。うわぁ〜、本当だったんだ。


心配になって足元を見てみると…


ぐわぁ! 


10匹以上の蛭がズボンの裾の方にくっついています。縮んだときは小豆粒ぐらい、伸びると楊枝ぐらいの長さになります。それが尺取り虫のように足元から太ももの方に向かって這い上がってくるのです。


なかにはうまいことやって、ズボンの裾から潜り込んで足から血を吸っているものがいました。たっぷり血を吸った個体は豆のように丸くなって、意外にもすんなり体から離れますが、食事中のヤツは爪で引っ掻いてそぎ落すしかありません。これがちょっと気分悪いです。無理に引き離した場合は吸い口から血がだらだらと流れ出してなかなか止まりません。


吸われた傷口はチリチリと痒いような痛いような感覚がずっと残ります。


う〜ん、恐るべき自然!

1307073
この看板の意味はそう言うことだったんです。遠回しに言われると何のことやらって感じです。


とても貴重な体験をさせていただきました。


「看板に偽りなし」

(この日は、きのこどころではなくなってしまいました…ョ)


● タマゴタケ/Amanita hemibapha
テングタケ科テングタケ属


(撮影:2013.07.04/千葉県鴨川市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

ドロが乾いてホコリになった?

1207041

これは何でしょう?


さあ、何なんでしょう?

1207042

多分ですけど、粘菌(変形菌)の成れの果てではないでしょうか。


完全に胞子を飛ばしきったあとの残骸のように見えます。


これまた多分ですけど、ドロホコリ科の粘菌のような気がします。

(撮影:2012.7.1/土浦市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

ニッケイタケ似のサルノコシカケ?

1207031

環紋があって、表面に毛が生えているような質感、これってニッケイタケ?


と思いましたが、柄の付き方が違います。


どうやらヒメオツネンタケらしいです。


傘の裏は管孔状です。


サルノコシカケ科だと思ったら、タバコウロコタケ科でした。

●ヒメオツネンタケ/Coltriciella pusilla
タバコウロコタケ科


(撮影:2012.7.1/土浦市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

堂々たる出で立ち。カボチャのようなきのこ

1207021

この圧倒的な存在感はなんでしょう!


イグチ科のきのこのなかでもひと際大きく成長するのがアカヤマドリではないでしょうか。

1207022

まるで黄色いカボチャのようです。カボチャと言えば食べられますが、このきのこもじつは食べられるんです。

1207023

そういえば、イグチ科のきのこは菌根菌が多いような気がします。なので、このアカヤマドリも何かの木と友好関係にあるのだと思います。近くにコナラが生えている場所で何度も見かけているのでコナラとは仲良しなのかも…


茨城県南部の雑木林などではよく見かけますから、やっぱりコナラやクヌギなどと関係があるように思います。

●アカヤマドリ/Leccinum extremiorientale
イグチ科ヤマイグチ属


(撮影:2012.7.1/土浦市)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

松と仲良しヒメカバイロタケ

1207011

このきのこは針葉樹が好きなようです。

よく見かけるのはマツの朽ち木。スギの朽ち木などでも見かけたことがあります。

色がとても鮮やかなので、遠くからでもその存在にすぐ気づきます。近づいてみると意外に小さなきのこなのですが、群生していることが多いので目立つきのこと言えるのではないでしょうか。

1207012

この写真はマツの朽ち木に生えているヒメカバイロタケです。まだ幼菌のようで、ひだは数が少なく簡単に数えられるくらいしかありません。

発生から時間が経って乾いてしまうと無残な焦げ茶色になってしまい、本当にがっかりする姿になってしまいます。このくらい瑞々しい状態だとちょっとした感動がありますね。

ごく一般的なきのこなので、森や林を歩いていれば出会える種類だと思います。


●ヒメカバイロタケ/Xeromphalina campanella
キシメジ科ヒメカバイロタケ属


(撮影:2012.7.1/土浦市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

灰褐色の不気味な奴

1008141
いかにも悪そうな風貌のきのこです。食べると死んじゃいそうな気がしてなりません。(図鑑では毒きのこに分類されていました)

ようすからするとテングタケの仲間っぽいです。たぶんヘビキノコモドキではないでしょうか。


1008142
下からのぞくと均整のとれた安定感のある形をしています。つばがペロリンとぶら下がり柄とくっついています。意外に大きなきのこでした。


●ヘビキノコモドキ/Amanita spissaceca
テングタケ科テングタケ属


(2010.7.4/つくば市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

鮮烈な紅

1008101
先月の上旬に福島県矢祭町の滝川渓谷で見たきのこです。渓谷の下流から上流に歩いていくと、薄暗い林になかにこのきのこがたくさんありました。歩いている途中、ずっと生えていたわけではありません。あったのは渓谷の中流域にある杉林。かなり広い範囲に部分的にまとまって生えていました。

杉林なのでとくにきれいな花は咲いていません。なので、このきのこが鮮やかな紅の花に見えてしまいました。

ベニヤマタケの老菌のような感じです。傘は反り返ってめくれていましたが、目に眩しい色は健在。遠くからでも目立つので、きのことわかったときには少し驚きました。色の魔術師ってところでしょうか。


●ベニヤマタケ/Hygrocybe coccinea
ヌメリガサ科アカヤマタケ属

(2010.7.2/福島県矢祭町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

白い傘、黄色い傘

1008091
1007291
先日、雨傘のような黄色いきのこを報告しました。それの白いバージョンが見つかりましたのでお知らせします。

シロイボカサタケです。かなり背の高いノッポな個体です。下の小さい写真が前回報告したキイボカサタケです。色は違うけどそっくりですね〜


●シロイボカサタケ/Entoloma muraii album
イッポンシメジ科イッポンシメジ属

(2010.7.2/福島県矢祭町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 6日 (金)

半透明の灰色きのこ

1008081
お茶碗みたいなきのこです。洒落た言い方をするとワイングラスのようなきのこでしょうか。グラスの外側と柄には毛が生えています。

色は灰色。半透明と言っては言い過ぎかもしれませんが、かなり透過性があります。ナガエノチャワンタケのような気がします。チャワンタケの名がついていますがノボリリュウタケの仲間のようです。ふ〜ん、そうなんだ。確かに、お椀の部分は丸いですけど、ふにゃふにゃと形が崩れたらノボリリュウタケの仲間とそっくりかも。


●ナガエノチャワンタケ/Helvella macropus
ノボリリュウタケ科ノボリリュウタケ属

(2010.7.2/福島県矢祭町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月31日 (土)

黄色い法具が転がっている…三又きのこ

密教の法具に金剛杵というものがあるそうな。それには何種類かあって、槍状の刃が上下にひとつずつ付いたものを独鈷杵(どっこしょ)、刃が三又になっているものを三鈷杵(さんこしょ)、中央の刃の周囲に四つの刃を加えたものを五鈷杵(ごこしょ)というらしいです。

いずれも魔を打ち砕く力を秘め、困難や煩悩を振り払う法具として用いられたとか。かの弘法大師が祈祷のときにいつも手にしていたのは五鈷杵らしいですね〜


1007311
というわけで、写真のきのこは三鈷杵に似ているのでサンコタケと言うそうです。写っているのは黄色いきのこですが赤いものもあるそうで、両者は紅色型・黄色型と呼び分けられるみたいです。ちなみに極度の悪臭を放つと図鑑に書いてありますけど、私はまったく気づきませんでした。

普通種と図鑑にあるので珍しいものではないようですが、私は初めて見ました。


●サンコタケ/Pseudocolus fusiformis
アカカゴタケ科サンコタケ属

(2010.7.2/福島県矢祭町)

| | コメント (2) | トラックバック (0)