赤いきのこ

2013年7月 7日 (日)

麻綿原・天拝園のあじさい…恐怖の自然

1307071
先日、千葉県鴨川市にある清澄寺から、アジサイで有名な大多喜町の天拝園(妙法生寺境内)まで歩いてきました。


当日は雨に風、そして靄という三重苦の道のりを行くことになったわけですが、途中にはタマゴタケとの素敵な出会いがあり、かなり気分よく歩けました。

1307072
こちらがアジサイ満開の天拝園です。

1307073_2
不思議な看板がありますけど…いったいどういう意味なのでしょう?


天拝園を散策していると地元の人らしき人が声をかけてきました。


「どう? 蛭、大丈夫だった?」


いったい何のことやらわからず、ぽかんとしていると…


「ここらへんは、すごく蛭が多いんだよ! 血、吸われてない?」


はぁ、大丈夫です。みたいな返答をしたものの、何となく不安がよぎります。


「足元はもちろん、ときには上から落ちてくることもあるから、首のあたりも注意しないとだめだよ!」


そんなアドバイスをいただきました。なんでも、木の枝の上にいる蛭が人の気配を察知して落ちてくるというのです。


まっさかぁ〜、そんなことがあるわけないよな…なんて半信半疑の自分。


その方と分かれた後、首に巻いていたタオルをとってみると…


え〜っ、ほんとですかあァ〜!


タオルには赤い血判が数か所あるではないですか。うわぁ〜、本当だったんだ。


心配になって足元を見てみると…


ぐわぁ! 


10匹以上の蛭がズボンの裾の方にくっついています。縮んだときは小豆粒ぐらい、伸びると楊枝ぐらいの長さになります。それが尺取り虫のように足元から太ももの方に向かって這い上がってくるのです。


なかにはうまいことやって、ズボンの裾から潜り込んで足から血を吸っているものがいました。たっぷり血を吸った個体は豆のように丸くなって、意外にもすんなり体から離れますが、食事中のヤツは爪で引っ掻いてそぎ落すしかありません。これがちょっと気分悪いです。無理に引き離した場合は吸い口から血がだらだらと流れ出してなかなか止まりません。


吸われた傷口はチリチリと痒いような痛いような感覚がずっと残ります。


う〜ん、恐るべき自然!

1307073
この看板の意味はそう言うことだったんです。遠回しに言われると何のことやらって感じです。


とても貴重な体験をさせていただきました。


「看板に偽りなし」

(この日は、きのこどころではなくなってしまいました…ョ)


● タマゴタケ/Amanita hemibapha
テングタケ科テングタケ属


(撮影:2013.07.04/千葉県鴨川市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

紅、朱、緋色、赤いきのこは数あれど…

1205151
赤いきのこは目にも鮮やかで、とても印象深いです。


生えている環境(周りのようす)によっては、絵のように見えることがあります。


朽ちかかったシイタケのほだ木に顔を出した赤いきのこはとてもきれいでした。


図鑑で探してみて、ヒイロベニヒダタケというきのこではないかと判断しました。ヒイロというのは緋色だとおもいます。改めて辞書で「緋」を紐解いてみました。
緋とは「火のような、濃く明るい紅色」とあります。きのこと見比べてみてなんとなく納得。


1205152
ベニヒダというのは、ひだが肉色に成熟するところから名付けられているようです。このきのこはまだ発生したばかりだと思われるので、ひだはまだ白っぽいですけど成熟すると紅色になるのでしょう。柄は中空になっていて線が入っています。傘にはしわが寄っていますが、成長するとなくなるのかもしれません。


●ヒイロベニヒダタケ/Pluteus aurantiorugosus
ウラベニガサ科ウラベニガサ属


(撮影:2012.5.13/土浦市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

妖艶なる姿態

1011051
なんて艶かしいきのこなんでしょう。目にした瞬間、くすんだ赤い色がとても印象的でした。背丈が低いわりには大きく傘を広げています。傘の表面に塗られた色には派手さはありません。やけに沈んだ小豆色が妙に懐かしさを感じさせます。

熟れた桃の表面にも似た質感の傘を持つ上、まとまって生えていると存在感はかなり強烈なものになります。

裏返してみると、ひだは薄い黄色。よくよく見てみれば、傘の組織も下地は黄色のようです。不思議な配色をしたきのこですね〜


1011052
たぶんサマツモドキというきのこではないでしょうか。図鑑で見たとき、読み間違えてサツマモドキと勘違いしました。「なるほど、サツマイモの色に似ているからか〜」などと早とちりしたわけです。でも、サツマではなくサマツであることにすぐ気づきました。

ところで、サマツとは何なんでしょ? モドキと言うからにはサマツというきのこがあるのでしょう。たぶんサマツとは、あるきのこの地方名なのかもしれません。

ネットで検索してみたら、オオツガタケ、モミタケ、ツガタケなどが、それぞれサマツという地方名を持っているようです。なかにはバカマツタケをサマツと呼ぶ地方もあるとか。

語源としては「早松」という説もあるようですね。これは早い時季に出るマツタケ(というか、マツタケに似たきのこという意味かもしれません)を指しているようです。早い時季っていつなんだろ? 通常、多くのきのこが秋に出るところですが、お盆前くらいに出るということかもしれません。

形や色的にはオオツガタケが似ているような気がしないでもないですが、バカマツタケ(それにしてもすごいネーミングだ!)も似ている気がします。語源の意味合いを含めるとバカマツタケに軍配が挙がりそうですけど、ネット上ではオオツガタケの別名とする記事が多く見受けられました。


●サマツモドキ/Tricholomopsis rutilans
キシメジ科サマツモドキ属


(2010.10.13/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

鮮烈な紅

1008101
先月の上旬に福島県矢祭町の滝川渓谷で見たきのこです。渓谷の下流から上流に歩いていくと、薄暗い林になかにこのきのこがたくさんありました。歩いている途中、ずっと生えていたわけではありません。あったのは渓谷の中流域にある杉林。かなり広い範囲に部分的にまとまって生えていました。

杉林なのでとくにきれいな花は咲いていません。なので、このきのこが鮮やかな紅の花に見えてしまいました。

ベニヤマタケの老菌のような感じです。傘は反り返ってめくれていましたが、目に眩しい色は健在。遠くからでも目立つので、きのことわかったときには少し驚きました。色の魔術師ってところでしょうか。


●ベニヤマタケ/Hygrocybe coccinea
ヌメリガサ科アカヤマタケ属

(2010.7.2/福島県矢祭町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

正露丸ときのこ

1007301
変わった形のきのこです。細長い漏斗のようで、外側に脈のような筋が何本も走っています。これだけ特徴がはっきりしていると覚えやすいです。

ヒダナシタケ類・ラッパタケ科のウスタケだと思います。ラッパタケというきのこは別にあるのですが、この写真のきのここそラッパに似ていると思います。


1007302
このきのこを見るといつも正露丸を思い出してしまう私。思い出すと言っても、あの黒い粒の薬ではなくパッケージの方です。このオレンジ色が正露丸の紙箱の色に似ていませんか? おまけにラッパのマークがこのきのこの形と重なります。

モミの木が近くにあるとこのきのこが出ていることが多いようです。きっとモミの木の外生菌根菌なのでしょう。図鑑にもそれらしきことが書いてありました。


●ウスタケ/Gomphus floccosus
ラッパタケ科ラッパタケ属

(2010.6.27/つくば市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

コリコリしそうな赤い棒状のきのこ

1007191
芝のような草が所々に生える湿った場所に、こんなきのこがニョキニョキ生えていました。かなり広範囲に散在しています。やや近づいてみると、とても鮮やかな赤系の色をしていて、雑草の緑のなかでとても映えていました。


1007192
よく見ると繊維質の柄を持っています。柄というより、これが子実体全体なのでしょう。傘のあるきのこばかり見ていると、このきのこがとても異質に思えます。

図鑑を見てみると、色的にはベニナギナタタケが似ています。しかし、子実体表面の質感に違いが感じられるほか、先端が尖っていない点などを考慮すると別種のきのこの疑いもあります。とりあえず、ベニナギナタタケに似たきのこということにしておきます。


(2010.6.27/つくば市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

赤い血潮ほとばしる?

1005111
その名もズバリ、チシオタケです。傷つけると赤い液を出すところから名付けられたようです。右上のきのこの折った柄の部分から赤い液が滲みだしています。傘に傷をつけても同様な液が出てくるそうです。

本来はもう少し赤味を帯びているきのこですが、時間が経っているせいでしょうか、茶色にくすんでいます。


●チシオタケ/Mycena haematopus
キシメジ科クヌギタケ属

撮影:2010.5.2/土浦市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

紅のイグチ

0908231
紅(くれない)と言っていいのか、朱と言えばいいのか、それとも普通に赤と言うべきか? まぁ、ご覧の通りの色鮮やかなきのこです。

図鑑で調べてみたら、ベニイグチのようでした。


0908232
傘の裏も色鮮やかな黄色です。管孔状になっているのでイグチ科のきのこだろうと予測がつきます。

柄は傘と同じ色で、しっかりとした網目模様が入っています。傘と接するあたりは黄色ですね。

ちなみに図鑑には「ややまれ」とあるので、ちょっと珍しいきのこなのかも知れません。


●ベニイグチ/Heimiella japonica
オニイグチ科ベニイグチ属

参考文献:山と渓谷社『フィールドブックス きのこ』『カラー名鑑 日本のきのこ』
(撮影:2009.8.22/笠間市・旧友部町)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

真っ赤な鳥の卵? じゃなくて、きのこ!

0908161
卵が立っているように見えます。しかも真っ赤ですごく目立ちます。

こちらはまだ幼菌の状態です。これから柄をグングン伸ばして大きな傘を広げます。


0908162
その名もタマゴタケ。見かけは毒きのこっぽいですが、じつは食べられるきのこです。しかも、かなりおいしいという噂…

もちろん、食べてみました。そのレポートは別のブログ「茨城の自然 探検隊」で報告していますので、興味のある方はそちらをご覧になってください。


●タマゴタケ/Amanita hemibapha
テングタケ科テングタケ属

参考文献:山と渓谷社『フィールドブックス きのこ』
(撮影:2009.7.3/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

やっぱりわからん。ベニタケ科

0907181
ツヤのある赤いきのこです。傘の直径はタバコの箱の長辺くらい。だいたい85ミリです。


0907182
傘に粘性があったかどうかは忘れてしまいました。見た感じではちょっと粘性がありそうです。


0907183
ひだは真っ白ではありません。ややクリーム色がかっています。


0907184
柄の上部にはうっすらと赤味があります。

ベニタケ科のきのこには違いありませんが、名前は断言できません。


参考文献:山と渓谷社『フィールドブックス きのこ』
(撮影:2009.6.16/石岡市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)