焦げ茶色のきのこ

2013年1月13日 (日)

地味な顔ぶれ、冬のきのこ

1301131
冬はきのこの発生が少ない季節です。傘のあるきのこらしいきのこ、軟らかいきのこはほとんど見られません。


目につくのは、立ち枯れの樹木や放置された朽ち木に固着している硬いきのこばかり。そのほとんどがサルノコシカケ科やウロコタケ科、タバコウロコタケ科、ニクハリタケ科などの菌類です。


本日(1/13)見つけたのはネンドタケ。だいぶ前から発生しているものだと思います。コナラの倒木にびっしり生えています。一部分は完全に乾燥して枯れた花のようになって黒く変色しています。


このきのこは本当によく見かけます。茨城県南部の雑木林では常連中の常連と言えるかもしれません。カワラタケとならんで「どこででも見られるきのこ」かもしれません。さらに、カワラタケと同様に強力な木材腐朽菌だと思います。


1301132
傘の表面は粗い毛が生えていてざらついた印象です。しかも硬い毛が野暮ったさを際立たせています。見かけはあまり上品なきのこではありませんね。


しか〜し、分厚い傘がなんとなく頼もしい。群生していることが多いので、力強ささえ感じます。「お〜、しっかり仕事してますなぁ」と声を掛けたくなるほどです。


1301133
傘の裏は管孔状です。断面を見ると孔の部分が意外と長いのがわかります。これを見るといつも鯨の口を思い出してしまう私です。


さて、他に見かけたきのこも記しておきます。


カワラタケ、チャカイガラタケ、ハナビラニカワタケ、チヂレタケ、ヒメキクラゲ、クロコブタケ、アナタケ、ネンドタケモドキ、チャアナタケモドキ、ニクウスバタケ、ニセニクハリタケなど。

●ネンドタケ/Phellinus gilvus
タバコウロコタケ科キコブタケ属

(撮影:2013.01.13/土浦市)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

ニッケイタケ似のサルノコシカケ?

1207031

環紋があって、表面に毛が生えているような質感、これってニッケイタケ?


と思いましたが、柄の付き方が違います。


どうやらヒメオツネンタケらしいです。


傘の裏は管孔状です。


サルノコシカケ科だと思ったら、タバコウロコタケ科でした。

●ヒメオツネンタケ/Coltriciella pusilla
タバコウロコタケ科


(撮影:2012.7.1/土浦市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

食えんのか!

1010101
日本語は難しいです。

今回のタイトルの解釈は二通りあります。「このきのこ、食べられるの? えっ、食べられるの!」的な驚きの表現ととらえるのがまずひとつ。もうひとつが「こんなうまいきのこが食べられねぇっていうのかい、お前さんは?」的な半ば脅し的表現。

正解はどちらでしょう?

へへへ、じつは出題者にもわかっていません(何となくつけたタイトルなので…)。

到底きのこには見えないであろうこの物体はノウタケです。けっこう大きな個体でした。通常は頭蓋骨に格納されている脳みそのような均整のとれた形をしていますが、こちらは異常発達を遂げた宇宙人の脳みそみたいです。

このきのこ、じつは食べられるんですね〜。食べたことはありませんが、中身を覗くとはんぺんのような質感の組織で満たされています(発生して間もないものの場合)。これがまた心地よい触感の組織でして、何度も何度も指で押してしまいます。

あ〜 いつかは食べたいノウタケです。おや? もしかしたらオオノウタケかも…

この日訪れた雑木林には、異常にたくさんのノウタケ(オオノウタケ)が各所に発生していました。今年は当たり年なのかも?


●ノウタケ/Calvatia craniiformis
ホコリタケ科ノウタケ属

●オオノウタケ/Calvatia boninensis
ホコリタケ科ノウタケ属

(2010.10.3/茨城県石岡市・旧八郷町)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月14日 (土)

灰褐色の不気味な奴

1008141
いかにも悪そうな風貌のきのこです。食べると死んじゃいそうな気がしてなりません。(図鑑では毒きのこに分類されていました)

ようすからするとテングタケの仲間っぽいです。たぶんヘビキノコモドキではないでしょうか。


1008142
下からのぞくと均整のとれた安定感のある形をしています。つばがペロリンとぶら下がり柄とくっついています。意外に大きなきのこでした。


●ヘビキノコモドキ/Amanita spissaceca
テングタケ科テングタケ属


(2010.7.4/つくば市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

お椀のなかに碁石が並ぶ

1007041
先日、初めてチャダイゴケを見ました。見つけたのは筑波山のケーブルカー乗車場・宮脇駅の近くです。

図鑑で調べたところハタケチャダイゴケのようです。この仲間は腹菌類に分類されているんですね。まるでお椀の中に碁石が入っているようでした。


(2010.6.28/つくば市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

二階建てきのこ

1006111
きのこの上に生えるきのこにヤグラタケがあります。でも、このきのこは違います。


1006112
何だろうなぁ〜と悩みました。専門の方に相談したら、チャカイガラタケかコゲイロカイガラタケではないかというヒントをいただきました。

チャカイガラタケは数えきれないほど見ています。でもね〜、亀の甲羅干しではありませんが、親きのこの上に子きのこが生えているのは初めてです。


1006113
ひだはギザギザの鋸歯状です。確かに、このひだはチャカイガラタケによく似ています。

(上の三点は5月に撮ったものです)


専門家の方が「傘の断面を見て、肉の部分が薄い茶色だったらチャカイガラタケ。濃い茶色だったらコゲイロカイガラタケ」と教えてくれました。


1006114
今月再び傘を割りに出かけてみると…

この色から察するとチャカイガラタケのような気がします。

広葉樹に生えていたらチャカイガラタケ、針葉樹だったらコゲイロカイガラタケとも教えていただいたのですけど、そのことをすっかり忘れてしまい樹種を確認してきませんでした。

でも、チャカイガラタケのような気がします。次に行ったときには樹種を確認してきます。


撮影:上3枚2010.5.13、一番下6.9/石岡市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

えんぴつきのこ

1006031
先月、変わったきのこを見つけました。傘はありません。カリカリの棒みたいなきのこです。先端が色変わりしていて、鉛筆のようです。

なんの仲間なのか、さっぱり見当がつかないので専門の方にお尋ねしてみました。


1006032
すると、クロサイワイタケ科のきのこであることが判明。しかし種名までは確定できませんでした。やはり写真だけだと限界があるようです。

クロサイワイタケ科と言われれば、以前報告したきのこにマメザヤタケがあります。思い出してみれば、マメザヤタケが古くなって乾燥すると黒いしわしわの棒になります。最初の写真でも、時間のたったきのこが同じように黒いしわしわになっています。たまたまかもしれませんが、両者はとてもよく似ています。


撮影:2010.5.15/石岡市

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

松も終わりだね

1005101
ヒトクチタケの生えているアカマツです。このきのこが生えているようだとこの木は枯れているのでしょう。

ヒトクチタケが生えて枯れるのか、枯れたからヒトクチタケが生えるのか、どちらだかよくわかりませんが、図鑑には「枯れて間もないアカマツなどに発生」とあるので、枯れてから生えると思った方がいいのかも。


1005102
ヒトクチタケは、きのこのなかではちょっと変わった姿をしている種類だと思います。表面がニスを塗ったようにてかてかと輝いているきのこです。


1005103
成熟すると底の部分に孔が空いて胞子を放出します。

ヒトクチタケなんて名前がついていますが、食べられるきのこではありません。う〜ん、紛らわしい命名ですね〜。でも、かわいらしいきのこには違いありません。ちょっと前に流行った「10円まんじゅう」くらいの大きさでしょうか。このきのこを見ると、あのまんじゅうを思い出してしまいます。


●ヒトクチタケ/Cryptoporus volvatus
サルノコシカケ科ヒトクチタケ属

撮影:2010.5.2/土浦市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

これもネンドタケモドキ?

1004281
へんなきのこがありました。生えているというより、べたーっと広がっている感じです。見えている面は、きのこにとっては傘の裏の部分になるのだろうと思います。

(黒いつぶつぶはクロコブタケです。シイタケのほだ木の害菌と言われています)


1004282
寄って見てみると毛羽立っているような感じ。きっと細かな管孔なのでしょう(ただ、へんな縁取りがあるのが気になります)。こんな雰囲気のきのこと言えば…


10042211004222
4月22日のブログで報告したこのきのこに似ています。これはgorosukeさんのコメントによりネンドタケモドキと判明したきのこ。でも、このきのことはちょっと違うような気がします。でも似てるんだよな〜


1004283
さて、今回報告したきのこには小さいながらも傘があります。背着性のきのこのなので、ちょうど縁にあたる部分が隆起しているだけなのかもしれませんが、サルノコシカケ科のきのこに見えなくもないですね〜

さぁ、また宿題のきのこができてしまいました。焦らず慌てず、じっくり考えることにします。


撮影:2010.4.19/石岡市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

せんべいみたいなきのこ

1004261
伐採された杉の木が積み重なっていました。そこに生えていたのが写真のきのこ。傘の表面は黒に近い暗褐色で、縁の部分だけ茶色です。まるで醤油せんべいに丸い海苔をのせたようです。


1004262
チャワンタケと名のつく仲間、あるいはピロネマキン科のきのこだろうと思い図鑑を見ましたが、一致するきのこは見つかりませんでした。今まで見たことがないので、私的には珍しいきのこです。


1004263
傘の裏はつるつるすべすべ。チャワンタケの仲間に似た感触でした。柄はありますが極端に短いです。ちなみに、木から引きはがしたときに柄の軸がしっかり残りました。


1004264
割ってみると、大きいだけあって厚みがあります。さて、何というきのこなんでしょう?


撮影:2010.4.25/石岡市

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧