クリーム色っぽいきのこ

2011年5月21日 (土)

アミガサタケとウラスジチャワンタケ

1105211

アミガサタケっておいしいという話ですけど、いまだに食べたことがありません。なんでも、一度干してから料理に使うと格段にいい味が出るとか。


きのこの観察会に参加すると、食べ方に関する情報が入ってきたりして得した気分になります。


そうなんです。こちらのきのこは4月に開催されたきのこ観察会・調査のときに撮影したものです。

1105212

こちらはウラスジチャワンタケです。形は違いますが、質感はなんとなくアミガサタケに似ています。


ウラスジチャワンタケはノボリリュウタケ科に属するきのこ。一方のアミガサタケはアミガサタケ科のきのこ。どうなんでしょう? この二つの科は意外にも近い系統に属していたりして…。専門家ではないので詳しいことはわかりませんけど、なんとなくそんな気がしてなりません。

●アミガサタケ/Morchella esculenta var.esculenta
アミガサタケ科アミガサタケ属

●ウラスジチャワンタケ/Helvella acetabulum
ノボリリュウタケ科ノボリリュウタケ属


(撮影:2011.4.29/つくば市)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

アミガサタケはゴルフボールにもなる

1004291
球形に近いアミガサタケです。いまにも誰かのドライバーがうなりをあげて何百ヤードも先に飛ばしそうです。

(ちなみに私はゴルフを一切やらないので、上記の表現でへんなところがあるかもしれません)

今年はあまりアミガサタケを見かけませんでした。寂しいなぁ…と思っていたところ、4月の中旬にひとつ、下旬にひとつ見つけました。出ていたのは毎年発生する場所、公園に隣接した雑木林の一角です。


1004292
こちらは中旬に見かけたものです。きのこの先にぼんやりと写っているのはコンクリート製のU字溝。すぐ近くにはサクラの木があります。

毎度書いていることですが、アミガサタケはバラ科の木(桜や梅など)とコンクリートが近くにあると発生しやすい気がします。コンクリートの石灰が土壌のphを変えて、発生スイッチでも入れているんでしょうか。

話は違いますが、桜並木のある公園などでも芝生の上に発生しているのを見かけたことがあります。私の記憶では、「アミガサタケあるところに桜の木あり」といったことが多いです。少なからず両者には親密な関係があると疑わざるを得ません。


撮影:上の写真2010.4.25、下の写真2010.4.19/両方とも石岡市

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

モリノカレバタケ、だと思うんだけど…

1004271
だいぶ乾燥して干涸びてしまっています。このきのこは、昨年もこの場所の近くに出ていました。昨年見たときは名前がわかりませんでした。

そのときからいろいろ悩んでいましたが、モリノカレバタケではないかと判断しました。


1004272_2
昨年はもっと黄色っぽいものが生えていたのですが、今年はクリーム色がかっています。もっとも乾燥してしまったのであてにはなりませんが…


●モリノカレバタケ/Collybia dryophila
キシメジ科モリノカレバタケ属

撮影:2010.4.19/石岡市

| | コメント (0) | トラックバック (0)